パイロットになるには

ヘリコプター免許を取得する方の多くが、航空自衛隊の航空学生としてライセンス取得を目指します。ヘリコプター免許を取得して航空自衛隊や消防ヘリなどに所属して働きたいという場合や、将来的に航空自衛隊のパイロットとなりたい場合には、航空自衛隊の航空学生として取得するのが一番の近道になります。

航空学生としてではなく、趣味やヘリコプター免許を取得してから就職先を探したいという方の場合には、民間スクールでの取得が一番の近道になります。ヘリコプター免許を取得するためには、最初に日本国内でライセンスの取得が可能な民間スクールに入学します。また、ライセンスを取得する費用は海外で免許を取得する場合であって200万円から500万円は必要とされています。入学後に学科授業を受けます。航空機に関する全般的な授業を受け、知識を深めて行きながら、同時に海外留学のために英語の勉強を始めます。ある程度の知識が付いたら海外留学で操縦訓練を受けます。FAA自家用学科試験や飛行実習訓練を始め専門的な勉強を行います。帰国後に学科講習を行います。JCAB自家用・事業用学科試験を受験し合格する必要があります。その後、JCAB事業用取得訓練でライセンス取得を目指し合格する事によって、晴れてヘリコプター免許を取得する事ができます。

公務員パイロットになるメリット

安定している職場、安定した収入などから公務員への就職を目指している方が急増しています。特にバブル以降リーマンショックなどで長引く不況への不安から公務員を目指す方が増えておりますので、とても高倍率で難しい業種となっております。そのような方は、公務員就職への近道として、ヘリコプター免許を取得する事をおすすめします。

ヘリコプター免許を取得して警視庁や警察庁の警察航空隊、東京消防庁、各自治体の消防航空隊、海上保安庁のパイロットとして就職を目指す事によって、難しい公務員への就職を目指すのは、かなりポイントが高いと言えます。と言うのも、複数ある公務員の採用試験の中でも、操縦士採用試験の合格率はダントツに高くなっているからです。

特に2017年の6月現在においては、団塊世代の大量退職がありますので、パイロット業界は世代の交代時期にさしかかっています。その為、採用側も積極的に若いパイロットを採用し世代を変えていく必要に迫られているのです。近年は、少子化や仕事の多様化などによってパイロットになろうとする人の数が少なくなっておりますので、かなり合格率が高くなっているのです。他の方と違った仕事に就きたいという方にもおすすめです。

ヘリコプター免許を取得するため

小さい頃に飛行機のパイロットになりたかったという方は沢山いても、実際に飛行機のパイロットになれたという方はほんの一握りです。飛行機のパイロットになるのはとても難しく、能力も必要になりますので諦めてしまった方が大半です。しかし、空を自由に飛ぶ事ができるのはなにも飛行機のパイロットだけではありません。ヘリコプターのパイロットという選択肢も残されているのです。

ヘリコプターのパイロットは飛行機のパイロットよりも難しくないとはいえ、空を飛ぶものですので、バイクや自動車の免許などを取るようなお気楽な物ではありません。当たり前ですが、自分の周りの友人や知人を見てもヘリコプター免許を所有しているという方は、車やバイクの免許を持っている方と比べて圧倒的に少ないと思います。そもそもヘリコプター免許を持っている方が少ないと言う事は、ヘリコプター免許の取得方法なども知らないという方が殆どだと思います。

2017年の6月現在の日本国内において、ヘリコプターパイロットになる為には、2つの方法から選択する必要があります。一つ目は、航空自衛隊の航空学生としてライセンス取得する方法。2つ目は民間のスクールでのライセンス取得する方法です。こちらのページでは、これからヘリコプター免許を取得しようと考えている方のために、情報量がまだ少ないヘリコプター免許についての情報をご紹介します。公務員パイロットの事や、実際にヘリコプター免許の取得方法などについての情報をご紹介しますので、ぜひご参考ください。